ゴルフルール「アンプレヤブル」

ゴルフの初心者にも実践できる、簡単で効果的なゴルフ練習法を特別にレッスン!!あなたの練習法を見直すことが、ゴルフ上達への近道です!!!!

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは!

今日は、ルールについて書きたいと思います

「アンプレヤブル」・・・「アンプレヤブル」を宣言すると1罰打救済を受けることが出来ます。

球がウォーターハザード内にあるときを除き、コース上のどこででも、自分の球をアンプレヤブルとみなすことができます。この場合、ボールを拭いたり取りかえたりできる。

(アンプレヤブルの処置)

 最後に打った場所にできるだけ近い箇所からプレーする。

その場所が、ティーインググラウンドならティーアップができ、スルーザグリーンやバンカーならドロップ、グリーン上ならプレースする。

 ホールと球のあった箇所を結んだ後方線上にドロップ。

この場合、後方線上に距離の制限はない。

 球のあった地点からホールに近づかないで、2クラブレングス内にドロップ。

※ アンプレヤブルの球がバンカー内にある場合、 を選んだときは、バンカー内にドロップしなければならない。

(この場合は再ドロップ) 

ドロップした球がピンに近づいたとき。

ドロップした球がハザード、カート道、修理地に止まったとき。

ドロップした球が、落ちたところから2クラブ以上転がったとき。

自分の足やクラブに当たったとき。

 ブッシュなどからの救済でドロップした場合に、元のブッシュに転がってしまったら、そのまま打つか、またアンプレヤブルが必要になりますのでご注意を!

 

ゴルフルールは複雑ですが、少しずつ覚えていきましょう

よければ ポチッと banner2.gif 願いします!

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://golfrecovery.blog58.fc2.com/tb.php/90-499148f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。