「スタンス修正ドリル」

ゴルフの初心者にも実践できる、簡単で効果的なゴルフ練習法を特別にレッスン!!あなたの練習法を見直すことが、ゴルフ上達への近道です!!!!

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        応援ワンクリックをお願いします157    人気ブログランキングへ



      本日のブログは、10月21日の無料メルマガの解説です。

               【飛躍的に上達したゴルファー】が実践する練習ドリル 

                   毎週金曜12時発行    
メルマガの登録・解除    

こんにちは!   
  

今週は「スタンス修正ドリル」です。


スタンスの広さは肩幅で、スクエアに立つのが基本です。

メルマガで詳しく説明していますが、人それぞれ筋力や柔軟性が違います。

今回は、一人一人に合ったスタンスを見つけるドリルを紹介します。

これを参考にして、アドレスの工夫に役立ててください。

 0169.jpg トップを作り、極端に右に体重をかける。

右と左の体重配分を、9:110:0くらいして止めておきます。

このトップの体勢で、左足を一瞬あげてみましょう。(4~5回)

数回、上げてみて左足の位置はどうでしょうか?

変わってなければ、体重移動がやりやすく、パワーがのるスタンス幅でしょう。

少し狭くなったり、広がってしまう人は、その幅で練習してみましょう!

スムースな体重移動ができるようになったり、右肩が下がりにくくなったりと

実感されるかもしれません。

あとは、ややオープン、クローズになる人は、そのスタンスも試してみてください。

左サイドの壁が出来るようになる人も少なくありませんから

では、今週も頑張っていきましょう!!

 

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://golfrecovery.blog58.fc2.com/tb.php/298-040afcec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。