ゴルフの初心者にも実践できる、簡単で効果的なゴルフ練習法を特別にレッスン!!あなたの練習法を見直すことが、ゴルフ上達への近道です!!!!

2013/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312013/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     応援ワンクリックをお願いします157    人気ブログランキングへ



      本日のブログは、3月29日の無料メルマガの解説です。

               【飛躍的に上達したゴルファー】が実践する練習ドリル

                   毎週金曜12時発行    
メルマガの登録・解除  

こんばんは。

今週は「接近ショットドリル」です。

 

                      0464.jpg 

    通常のアドレスで、スウェーでスライスする人は実践してみましょう。

 

         0456.jpg  0457.jpg

    いつもより、10センチほどボールに近く立って打ってみましょう。

 

かなり窮屈に感じると思います。

しかし、このアドレスで打つことにより

スイングバランス、スイング軸、脇の締まりが体で覚えられます

 

近づいて20球、普通にアドレスして10球と繰り返し打って

頑固なスライス、ダフリとおさらばしましょう!

 

 今週も元気にがんばりましょう

スポンサーサイト
     応援ワンクリックをお願いします157    人気ブログランキングへ



      本日のブログは、3月22日の無料メルマガの解説です。

               【飛躍的に上達したゴルファー】が実践する練習ドリル

                   毎週金曜12時発行    
メルマガの登録・解除  

こんばんは。

今週は「シャンク矯正ドリル(つま先下がり)」です。

 

まず、アドレスの違いを見てみましょう。

つま先下がりでは、アドレスした時点で脇があまくなっています。

0464.jpg  0465.jpg

 

この構えから、インパクトで上体が起き上がった場合には

もっと脇が開き、シャンクが出てしまうことが容易に想像できるでしょう

 

そのために必要なことは、上体が起き上がらないくらいの大きさで

きっちり打つことです。

実際に、かごの上や単行本を数冊重ねた上に乗って

フラフラしたり落ちない程度のコンパクトスイングをマスターしましょう!

 

身体の硬い人ほど、長いクラブを持ってコンパクトに打つことが大事です。

 

シャンクは出なくても、とにかく傾斜やハーフショットが苦手な方は

頑張って実践してみましょう

 

今週も楽しく練習しましょう!

 

        応援ワンクリックをお願いします157    人気ブログランキングへ



      本日のブログは、3月15日の無料メルマガの解説です。

               【飛躍的に上達したゴルファー】が実践する練習ドリル 

                   毎週金曜12時発行    
メルマガの登録・解除    

こんにちは!

それでは今週は、 「バンカーアドレスチェックドリル」です。

 

      (重心が高い)               (重心が低い)

IMGA0060.jpg  IMGA0061.jpg

バンカーでは、より重心を落としてドッシリ構えることが大事です。

体の伸び上がりを抑えて、ボールの手前を叩きやすくします。

右の写真のように、グリップがひざ上くらいになるまでひざを曲げてみましょう!

前傾を深くして、お尻が落ちないように注意します。

 

次にチェックするのはグリップです。

IMGA0063.jpg 

通常のセオリーは、フェースを開いた状態でグリップを作るのですが

女性や力の弱い人は、上手に打っても砂に負けてしまったりして

なかなか脱出できない場合が多いものです。

 

IMGA0064.jpg  IMGA0065.jpg  

そんな人にお勧めなのが、左上のように通常のフェースでグリップして

右上のように、そのグリップからハンドファーストで右肩をやや下げた形で

フェースを開くアドレスです。

力が砂に伝わりやすく、そのまま打ってもボールのやや手前に落ちてくれます。

フェースがターンしやすいため、脱出の確率がよくなるでしょう

 

0293.jpg   0317.jpg 

ぜひ、試してみましょう!

 

最後に、ご存知だと思いますが、砂を手で触ったり

アドレスでクラブヘッドが砂に触れたら2打罰です。

注意してくださいね

 

それでは今週もがんばりましょう!

       応援ワンクリックをお願いします157    人気ブログランキングへ



      本日のブログは、3月9日の無料メルマガの解説です。

               【飛躍的に上達したゴルファー】が実践する練習ドリル 

                   毎週金曜12時発行    
メルマガの登録・解除    

こんにちは!!  

今週のドリルは・・・


どうしてもトップから右手で打ってしまう人や、オーバースイングの直らない人に

有効な「オンプレーンドリル」です。

0111.jpg  <悪い例>

これでは、よほど練習しないとボールが曲がります。

早いうちに直したほうがいいでしょう!

 

2234.jpg 

 

肩の高さまでテークバックしたとき、シャフトがアドレスのシャフトの傾きと平行に

なるようにします。

右ひじの内側を上に向け、右の手のひらでクラブの重さを感じます。

 

この状態から始動して、打ってみましょう。

 

最初は、違和感があって上手く当たらないでしょう!

しかし、根気強く素振りなども繰り返して見違えるボールが行きだすでしょう!

始動のポイントは、左腰と右ひじからスタートさせることです。

形に慣れてきたら、アドレスからの流れで打って練習してみましょう。 

 

それでは、今週もがんばっていきましょう

 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。