ゴルフの初心者にも実践できる、簡単で効果的なゴルフ練習法を特別にレッスン!!あなたの練習法を見直すことが、ゴルフ上達への近道です!!!!

2007/12123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/02

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんばんは!

今日は、阿蘇グリーンヒルカントリークラブにラウンドレッスンに行ってきました
気温は低かったのですが、いつもの山からの風があまりなく
穏やかにラウンドを楽しめました

ただ風が吹かないせいでしょうか、いつも阿蘇の山から優雅に飛行しているパラグライダー(?)がいませんでした
1度は乗ってみたいような、コワイような・・・

さて今回は、「アドバイス」についてのルールを説明します。
「アドバイス」とは、プレーヤーのプレー上の決断や、クラブの選択、ストロークの方法に影響を与えるような助言や示唆をいいます。
この「アドバイス」と認められた場合は2罰打となります。
これまでは、距離の助言は「アドバイス」とみなされていました。

<変更 7>

自分の球の位置からグリーンまでの距離を同伴競技者に尋ねた。

(旧)・・・2罰打
(新)・・・無罰

これは、2006年から変わってるルールですからご存知の方も多いかもしれません。
このたび規約書に明示されることになったので、改めて書いてみました。

(規約改定文)

2点間の距離に関する情報は周知のことであり、アドバイスではない。プレーヤーは相手や同伴競技者、それらのキャディをも含めて誰にでも自分の球とホールとの距離を尋ねることができる。
スポンサーサイト
 こんばんは!

タイガーのゴルフ見ました?
凄すぎますね!
あれを見て燃え上がってる人も多いのではないでしょうか。
今年もメジャーが楽しみになりました。

今田選手も素晴らしくて、今年は優勝がありそうで期待です!

さて、今回のルールは年度によってコロコロと変わっていて
混乱されていたので、今年からキッチリと規則書に明示されました。

初めの球を打ったところ、その球が見つかりません。
2分ほど探してもないので、あきらめて元の場所に戻って別の球をドロップ。
しかし、その後に初めの球が探し始めて5分以内に見つかった。

(旧)・・・初めの球をプレーする
(新)・・・ドロップした球がインプレーとなり、初めの球は紛失球

(規則改定文)

次の球は紛失したものとみなされる。

「プレーヤーがストロークと距離の罰のもとに別の球をインプレーにしたとき」


ストロークと距離の罰・・・1罰打付加(ストローク)して、元の場所(距離)に戻ること
            
 こんばんわ!

今夜は、グリーン上のルール変更です。

ほとんどの方は、自分でグリーン上のボールをマークしてから
拾い上げると思います。

プライベートのラウンドで、たまにキャディさんがマークをして
球を拭いてくれたりすることもあります。
「プレーの進行上」であったり「親切心」ですね。
この球をプレーヤーが受け取り、リプレースしてストロークしたりします。

しかし、プレーヤーがマークして拾い上げた球をキャディさんがリプレースして、
そのままストロークした場合はルール違反になります。

          (旧)・・・2罰打          
          (新)・・・1罰打

試合に出場してる方や、これから挑戦される方は注意してくださいね。

球をリプレースできる人は、プレーヤー本人(またはパートナー)か、その球を拾い上げた人である。


 こんにちは~じゅんろ~です!

寒い日が続きますが、元気に練習がんばりましょう

今日も、ルール改正についての説明です。

球を打ったところ、前方に止めてあったカートに積んだ自分のキャディバッグに当たった。

      (旧)・・・2罰打付加(マッチプレーではそのホールの負け)

      (新)・・・1罰打付加(マッチプレーも1罰打)

罰が重過ぎることから、今回の軽減になったものです。
しかし、前方にカートや人がいないのを確認してから打ちましょう!
物に当たるならまだ罰でいいですが、人に当たって大事故にならないように!

(規則改定文)

この場合は「1罰打付加となる」

プレーヤーやパートナー、またはそのキャディや携帯品により、動いている球が方向を変えられたり止められた場合
 こんばんは!

今日のルールもバンカーです。

みなさんは、バンカーショットの後はしっかり足跡やショット跡をならしてますよね?
これは、後続組に対してのエチケットですので、しっかりならしましょう。

<変更3>

  今回の改正されたルールは、もともと知らない人も多いのではないでしょうか?
 

  バンカーショットを失敗しました!
 同じバンカー内の別の場所に止まってしまいました。
 とりあえず、打った足跡とショットの跡をならして、今度こそ・・・。
 また失敗!
 先ほどならした場所に戻ってしまいました。このケースは?

          (旧)・・・2罰打付加

          (新)・・・無罰

 「バンカーをならす」ということは、エチケットです。
しかし、ならした場所に球が戻れば罰というのは変な感じですよね

「打ったら必ずならす」ことを徹底するためにも、今回の改正の目的があるようです。

  ただ、脱出できずに球が元の場所に戻った場合はならすことにより
 今から打つショットに対して

        1 ライの改善
        2 スタンスやスイング区域の改善
        3 プレーの線の改善
   
  にならない様に注意してくださいね

(規則改定文)

無罰には、球のライの改善となったり、プレーヤーのそのホールでの続いてのプレーに援助となるようなことがないことが条件となる。
 今回のドリルは、「 1本足ドリル (左足編) 」です。

 前回のドリルで、あなたの右足のバランス感覚はどうでしたか?
2つのドリルで、苦手な方を重点的に行ってみてください。

ステップ1 左足で立ち、10秒間。
                0016.jpg


ステップ2 ステップ1の姿勢で30秒間。

ステップ3 左足1本で、体を左右に回す。(10回)
0017.jpg

                       0018.jpg


ステップ4 両手を合わせて、スイングをする。(10回)
0022.jpg

                 0023.jpg

                                   0024.jpg


ステップ5 実際にクラブを持って、左足1本でゆっくりスイング。(10回)
0019.jpg

                 0020.jpg

                                   0021.jpg


どうでしたか?
最初は、上げたほうの足のつま先で補助しながらでもいいと思います。
空き時間や練習前などに続けてみてください。

スコアも大事ですけど、やはりカッコいいスイングにしたいものですよね

今週末も頑張ってください


 こんばんは!

 今日の熊本は、寒かったです
といっても、東日本や北陸の寒さと強風に比べれば穏やかなのでしょうけど!

 雪で、コースどころか練習も出来ない地方もあるのではないでしょうか。

 そんな方のためにも、春に向けた何処でも実践できる、いい練習ドリルを
これからも提供していきたいと思います。

今日は、ルール改正の2つめです。

<変更2>

   バンカーに関する変更点です。
  
   バンカー内で球を打ったら、自分のではなく同伴競技者の球だった。(誤球)
  
        (旧)・・・無罰

        (新)・・・2罰打付加

    以前までは、確認のためのハザード内の球の拾い上げが出来ませんでした。
   そこで、ハザード内での誤球に限り認められていました。

    しかし今回、ハザードの中の球も確認のために拾い上げることが
   出来るようになりました。
   これに伴い、ハザード内の球もスルーザグリーンと同様に、
   2罰打付加することになりました。(マッチプレーはそのホールの負け)

    (規則改定文)

 ハザード内以外の所では、プレーヤーはそれが自分の球であると思う理由があるときは、確認のためにその球を罰なしに拾い上げることができる。


 競技者がハザード内ではない誤球に対して1または複数のストロークをした場合、競技者は2打の罰を受ける。




(用語の説明)

  ハザード・・・バンカーとウォーターハザードのこと。

  スルーザグリーン・・・プレー中のホールのティーインググラウンドとグリーン、
                コース内の すべてのハザードを除いたすべての場所   

   
  明日はゴルフマガジンの発行日なので、お楽しみに! 
 みなさん、こんばんは!

九州地方は、日曜から雨続きです。
コースに行く人が、中止して練習にきてるのでしょう
悪天候にもかかわらず、練習場がにぎやかでした。

今夜からは寒くなるようなので、負けずに練習もがんばりましょう

 さて本題ですが、今年から、ゴルフルールの1部が改正になります。
よく使用するルールが変更してますので、今日から1つずつわかりやすく
全部で7つの改正点を紹介していきます。

<変更1>

    グリーン上の変更点です。
   プレーヤーAがパットを打ったときに、グリーン上に置いてあった旗ざおに
   球が当たりそうになり、同伴競技者のプレーヤーBが旗ざおを拾いあげました。
   
    この件は・・・どうなるかわかりますか?

    プレーヤーBに対して(球の動きに影響を与える行動をした)
       
       (旧)・・・2罰打付加
       
       (新)・・・無罰
    取り除かれて置かれている旗ざおは、「動かせる障害物」であり
   球が動いているときに球の動きに影響を与えるかもしれない旗ざおは
   人が付き添っている場合以外は取り除けませんでした。
   
    しかし、2008年からは付き添ってない置いてある旗ざおも
   取り除けるようになりました。

    (規則改定文)

  球が動いているときは、その球の動きに
影響を及ぼすかも知れない障害物は、取り除いてはならない。
ただし、プレーヤーたちの携帯品や、
付き添われたり、取り除かれたり、
さし上げられた旗ざおを除く。



   理解できましたか?
  
  残り6つも紹介していきますので

  ぜひ、周りの人にも教えてあげてください
    
   
   
    
 こんばんは!

今回の練習ドリルは、 「 1本足ドリル(右足編) 」 です。
これは、バランス感覚をよくするものです。
ステップ1~ステップ5までを画像で紹介します!

1つ1つを、確実にトライしてみてください。

画像-0001
ステップ1

ステップ2   右足1本で30秒間立つ

ステップ3画像-0002

           10回出来たら次へ                  画像-0005


ステップ4画像-0003

                  画像-0004

                                  画像-0006

ステップ4も10回繰り返します。
このあたりから難しくなりますが、最初はなかなか出来なくても
あせる必要はありません。
続けていれば、出来るようになります。
しかも、実際のスイングのバランスも良くなってきます。

ステップ5画像-0007

               画像-0008

                                 画像-0009


ステップ5までいきなり出来る人は、ほとんどいないでしょう。
1つずつクリアしていき、ご自分のスイングバランスと比較しながら
片足の状態と同じになるように、頑張ってください。

コツは、重心を下げて、上体をリラックス!膝を軽く曲げることです。
理解できない人も、やっていくうちにコツをつかむでしょう。
どこでも出来ますから、「力が入ってる」「リラックスして」といわれ続けている
ゴルファーのみなさん、ぜひやってみてください。
滑らかなスイングを手に入れましょう!

 みなさん、こんにちは!

今年の初ラウンドはもう行かれましたか?
私は、昨日行ってきました。

今日はあいにくの雨模様ですが、昨日は最高の天気でした。
スコアの方は・・・後日、ブログにてラウンド情報もお話したいと思います。

さて、今回のドリルは距離感をつかむドリルの1つ 「 靴幅ストローク 」 です。

ゴルフには、 「方向性」にも頭を悩まされるところですが、
スコアをつくるためには「距離感」も欠かせません。

このパタードリルを練習と実践で試してみてください。

 画像-0027

              画像-0028

                               画像-0029

 画像-0030

              画像-0031

                               画像-0053

 画像-0064


この3パターンを覚えて、その日のグリーンの距離を把握しておくと、
ラウンドに大きく役立ちますよ!

私も、「今日のグリーンはなかなかタッチが合わない」という日には実践しています。

それでは今週もゴルフを楽しく頑張りましょう!


lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

     みるみる上達!すらすら納得!
           充実サポート!しかも低料金!

    
      「 リカバリーゴルフスクール(ネット版) 」

                                    をスタートしました。

       今からゴルフを始めてみたい方から上級者まで、徹底サポート!

         *初心者向けの週1回の講習あり!

           お問い合わせは     ブログコメント

                     または recovery-golf@vesta.ocn.ne.jp まで

               管理者        PGA会員       吉村 潤一郎

lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll       

     


     明けましておめでとうございます  本年もよろしくお願いします!

練習ドリル2回目は、「左背面ショット」です。
こんな形でのスライスボールの方は、ぜひ実践してみてください。
画像-0131
                    画像-0130
                                  画像-0095

では、これからドリルに入ります。写真ではクラブを持ってますが、
最初は持たずに左手のリードを感じながら手を振ってみてください。
画像-0100

             画像-0119

  画像-0101

             画像-0120

                 画像-0102

画像-0121

いきなりクラブで振るのではなく、何も持たずに繰り返してみてください。
インパクトでは、左手を伸ばして胸を張るように太ももを叩いて振りぬいてください。
なんとなくイメージが湧き出したら、クラブで同じように素振りしてください。
意外と左の背筋、腕が疲れてくるでしょう?

そこが使えてくれば、弱弱しいスライスとはさよならですね!




ネットスクール紹介   http://www3.ocn.ne.jp/~rec-golf


 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。